歴史と沿革

指導を受ける女性たち

 戦後間もない1945年、学院の前身となる洋裁塾が、登戸の本庁内に開設されました。1948年には高尾駅(当時浅川駅)近くに浅川ドレスメーカー女学院を、1951年には再び登戸に戻り、登戸ドレスメーカー女学院を開校しました。
 「裁縫の技術だけでなく、女性を自立させたい」。創設者伊藤染子の精神は今も引き継がれ、これまでに同学院で巣立った教え子は今では6千人にも及んでいます。

昭和23年7月  浅川ドレスメーカー女学院開校
昭和26年2月   現在地に登戸ドレスメーカー女学院、新築開校
昭和26年6月   私立学校法に基づき、神奈川県各種学校となる。
昭和41年4月   2代目理事長就任
昭和53年2月   永年勤続賞を神奈川県長州知事より受賞
昭和56年11月  服飾教育文化賞を全国服飾学校教会より受賞
平成18年2月  川崎市区画整理の為、仮校舎に移転
平成20年11月  新校舎完成・移転(アトラスタワー2F)

登戸ドレスメーカーの歩み

体験入学
学校見学
ユニバーサル服飾高等学院
ブログ
かわさきマイスター 粟田佐穂子
ボランティアグループ 糸の詩
アソシエCHACO
アクセミールハート
国の教育ローン 日本政策金融公庫